天才テリー伊藤対談「都倉俊一」(2)ピンク・レディーは期待薄でしたか

天才テリー伊藤対談「都倉俊一」(2)ピンク・レディーは期待薄でしたか
拡大する(全1枚)

天才テリー伊藤対談「都倉俊一」(2)ピンク・レディーは期待薄...の画像はこちら >>

テリー 都倉さんが「スタ誕」の審査員として出演されたのは、どんな経緯からだったんですか。

都倉 審査員だった阿久悠さんが、何かの理由で収録に出られなくなっちゃったことがあって、その時「都倉ちゃん、代わりに出てくれ」と頼まれたんですよ。だから、最初は1回だけのつもりで、若くて生意気なヤツが好き勝手なことを言っていたわけですが、そこをプロデューサーに気に入られてしまって。そのままレギュラー審査員になったです。

テリー 僕も毎週見ていましたけど、社会現象になった番組でしたよね。

都倉 日曜朝11時からの放送で、最初は視聴率2~3%くらいだったんですが、そのあと最高28%も取りましたからね。

テリー 本当に、続々とスターが出てきましたから。

都倉 ええ、まず森昌子ちゃん、次が桜田淳子ちゃんですね。昌子ちゃんは演歌だから遠藤実さん、淳子ちゃんは中村泰士さんが曲を書いて、僕は3番目の山口百恵ちゃんに関わった。

テリー これまた、すごい逸材じゃないですか。それは、都倉さんが手を挙げたんですか。

都倉 いえいえ、「じゃあ今回は都倉さんがやってください」みたいな感じでした。理由はよくわかりませんけれど。

テリー 6人審査員がいましたけど、やっぱり評価は割れるものなんですか。

都倉 かなり違いますね。声楽家の松田トシさんは、挑戦者のスター性なんてのはあんまり考えないで、見るところは「正しい歌唱法に向かっているかどうか」だけ。亡くなった三木たかしさんも頑固な人で、「いい」「悪い」とハッキリ言ったりするものですから、楽屋での打ち合わせ中に「まあまあ、いいじゃない」みたいになだめるようなことがよくありました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

テリー伊藤のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「テリー伊藤」に関する記事

「テリー伊藤」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テリー伊藤」の記事

次に読みたい「テリー伊藤」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク