「夜の街」を襲うコロナ余波、新宿区の“感染者見舞金”に「働くより稼げる」

「夜の街」を襲うコロナ余波、新宿区の“感染者見舞金”に「働くより稼げる」

 日本全体が経済をまわそうと動き出す中、安倍政権は「第2波」にそなえて水面下で「罰則付きの外出制限」を企てているという。もし現実となれば、首都機能が完全にマヒするのは明らかだ。

 一方、小池百合子東京都知事は「夜の街」をやり玉に挙げて、コロナの事態鎮静化を図ろうとしていた。6月14日に、新規感染者47人中18人が新宿エリアにあるホストクラブの従業員であることが判明すると、

「いわばクラスター(感染者集団)で、今までとは性質が違う」

 と、説明するのみ。その後も夜の街からクラスターが出ても、特に対策を打ち出す様子は見せていない。さながら「夜の街」がコロナの犯人、とばかりに厳しい視線を向けるのみ。これには新宿・歌舞伎町で働く水商売関係者も不安を隠せない。

「19日から全面解除されて、堂々と営業開始できるようになっても、小池知事が『夜の街』をやたら連呼して強調するので、お客さんがどれだけ戻ってきてくれるのか‥‥。先日、新宿区は区内在住者が新型コロナに感染した場合、1人あたり10万円の見舞金を支給する方針を固めたそうですが、『働くより感染したほうが稼げるかも』という笑えない冗談も聞かれます」

 都職員が東京アラート解除前に歌舞伎町界隈で行った「見回り隊」もまったく効果はなく、小池氏のパフォーマンスにつきあわされただけのようだ。

 しかもその裏では、都のフトコロ事情が怪しくなっている事実も見逃せない。

 今年3月末の時点で9345億円あった「都の貯金」にあたる財政調整基金が、新型コロナの対策で95%まで取り崩され、今や残高は493億円のみなのだ。元国会議員の政策秘書で作家の朝倉秀雄氏が語る。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。