リーディング2トップ「川田&ルメール除外の掟」で超万馬券をゲットする!

リーディング2トップ「川田&ルメール除外の掟」で超万馬券をゲットする!
       

リーディング2トップ「川田&ルメール除外の掟」で超万馬券を...の画像はこちら >>

 今年のリーディング争いは、すでに100勝をクリアしたC・ルメール(41)と川田将雅(34)の一騎打ち状態。だが、全盛期の武豊(51)のようにどのレースでも信頼を寄せられるジョッキーとは言い難い。というのも、7月26日時点で107勝のルメールは最終レース、103勝の川田はメインレースで人気を大きく裏切っていたのだ!

 7月12日、ルメールは函館11RのマリーンSで自己最速となる年間100勝をマークした。7月19日終了時点でも勝率26.1%、連対率41.5%、3着内率54.0%でリーディング首位を走っている。

 一方、2勝差で追う2位の川田は、勝率29.6%、連対率48.1%、3着内率58.8%と、ルメールを上回る成績だ。

 スポーツ紙記者がこう分析する。

「3位は65勝の武と松山弘平(30)ですが、すでに35勝以上の開きがあり、リーディング争いは2人に絞られた感じ。ルメールは18年に自身が成し遂げた歴代最多勝記録の215勝を更新する可能性もあります。ただGⅠ勝利数となると、ルメールは今年3勝と例年どおりのペースですが、川田は今年の9戦で一度も馬券に絡んでいません。しかも芝GⅠに限れば、18年秋のスプリンターズSを最後に34連敗中で、勝負弱さが目立っています」

 川田の「GⅠ病」はファンの間でも有名だが、実は今年、メインレースでもスランプに陥っている。「週刊アサヒ芸能」連載コラムでおなじみの伊吹雅也氏の見立てによれば、


あわせて読みたい

武豊のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「武豊」に関する記事

「武豊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「武豊」の記事

次に読みたい「武豊」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 武豊 G1
  2. 武豊 フランス
  3. 武豊 凱旋門賞

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。