こじるりと作者の“熱愛”で「キングダム」に異変!?「オカルトと下ネタが…」

「主人公の信が朱海平原で強敵と戦い、命を落としてしまうんです。それを副隊長で信に心を寄せる羌かいが術を用いて霊界のような所へ行き、信の魂を呼び戻しました。『キングダム』はそれまでリアル路線の漫画だったのに、急にオカルトじみたのでファンから『キングダムがおかしい』という声が上がったんです。この時すでにこじるりの影響があったのではないかと疑う人もいます。なお、現在連載中の『ヤングジャンプ』の最新号では、秦軍が攻め込もうとしている“什虎”の将軍が、マントの下の“マッパ”な部分をさらけ出したり、大柄でドSの女傑・か燐(かりん)が副官にバストを揉まれたりと、コミカルな下ネタシーンが多かったような印象を受けました」(前出・漫画誌編集者)

 映画への影響を心配するファンもいる。映画「キングダム」は現在、続編を製作中だが、ヒロインの羌かいに小島が起用されるのではないと危惧する声は多い。

 小島瑠璃子の存在が「キングダム」にどんな影響を及ぼすのか。秦の国に悪夢をもたらした秦国太后・美姫のようにならないことを祈るしかない。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

小島瑠璃子のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小島瑠璃子」に関する記事

「小島瑠璃子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小島瑠璃子」の記事

次に読みたい「小島瑠璃子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク