トランプ陣営に思わぬ追い風!? グラミー賞女優が“メラニア批判”で緊急謝罪

トランプ陣営に思わぬ追い風!? グラミー賞女優が“メラニア批判”で緊急謝罪
拡大する(全1枚)

トランプ陣営に思わぬ追い風!? グラミー賞女優が“メラニア批...の画像はこちら >>

 口は禍の元というが、相手のウィークポイントを突いたつもりが、皮肉にも自分の首を絞めてしまう結果になってしまうとは……。

 25日(日本時間26日)、ホワイトハウスで開かれた米共和党大会で、トランプ大統領の応援演説にたったメラニア夫人(50)。そんな夫人の演説に外国なまりがあるとして、米女優ベット・ミドラー(74)がツイッターで噛みつき、《オー、ゴッド! この人まだ英語がしゃべれないわ》と嘲笑。さらには《あんたはラッキーなスロベニア人! でも、たくさん手術をしたのに、ちょっとくじ運が悪かったね。あんなデカいうすのろに捕まったんだから》と、言い放った後、《あの不法外国人を壇上から引きずり下ろせ!》と畳みかけた。米在住のジャーナリストが語る。

「メラニア夫人はスロバキア出身で、96年に米国に移住、05年にトランプ氏(74)と結婚し、翌年に米国籍を取得。たしかに母国語が英語ではない史上初のファーストレディーとして、トランプ氏就任当時は各メディアがセンセーショナルに報じたのは事実。一方、ベットは過去にゴールデングローブ賞を4回受賞。エミー賞3回、トニー賞3回に加え、歌手としても3度のグラミー賞を獲得するハリウッドを代表するカリスマアーティスト。ただ、彼女は“反トランプ”の急先鋒としての顔があり、実際、3年ほど前からは、トランプ政権の政策や公式声明を厳しく非難するツイートを連日複数回投稿しています。とはいえ、トランプ氏の人種差別とも受け取れる数々の発言が問題視されているなか、さすがに《不法外国人を壇上から引きずり下ろせ!》はマズかったですね。この発言に反トランプ派の中からも『これでは、トランプを人種差別主義者と呼べなくなるではないか!』といった批判の声が湧き起こってしまったんです」(米国在住ジャーナリスト)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク