1枚10万円超の激レア品も!? 昭和レトロ遺産「牛乳キャップ」の鑑定法とは?

1枚10万円超の激レア品も!? 昭和レトロ遺産「牛乳キャップ」の鑑定法とは?
       

1枚10万円超の激レア品も!? 昭和レトロ遺産「牛乳キャップ」...の画像はこちら >>

 単なるゴミだと認識していたものが数十年後に大きな値打ちがつく。そんなゴミの“お宝化”の名にふさわしいもののひとつが、牛乳瓶についていた紙の蓋。“昭和レトロ遺産”の象徴と言われる牛乳キャップだ。若い世代だと牛乳瓶自体にあまり馴染みがないかもしれない。昭和50年代中頃までは毎朝、牛乳瓶受けに新鮮な牛乳が配達される光景が一般的だったし、学校給食でも瓶牛乳が提供されていた。

 その頃、子供達の間で流行ったのが牛乳キャップの収集である。メーカーや商品によってデザインが異なる点が子供心をくすぐったようである。その牛乳キャップの中には、今となってかなりの値段がついているものもあるという。ネット転売に詳しいマニアコレクター誌編集者に話を聞いた。

「骨董屋などの業者で取り扱っているケースは少なく、主にはヤフオクなどで個人同士の売買がされています。取引されているものは、主に未使用のものです。牛乳キャップの収集が流行した当時、工場見学の際などに配られたり、子供がメーカーに返信用切手を同封した手紙を出して送ってもらったりしたもののようです。当時はよくメンコとしても使われていましたが、使用済のものはふやけていたり反っていたりで強度が劣るため、未使用キャップを手に入れようとする風潮があったそうです」

 メンコ勝負となれば、負けたほうが勝者に牛乳キャップを奪われることとなる。数十年前のメンコ対決で、現在の高額なコレクションの所有者が決まったと思うと、なんとも皮肉な話だが……。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。