本州最北端の“新幹線秘境駅”に行ってみた!乗客数最下位の駅が作られたワケ

本州最北端の“新幹線秘境駅”に行ってみた!乗客数最下位の駅が作られたワケ
       

本州最北端の“新幹線秘境駅”に行ってみた!乗客数最下位の駅...の画像はこちら >>

 新幹線停車駅なのに秘境駅。ワード的には相反するイメージがあるが、実際にそんな駅が本州最北端に存在する。北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅だ。

 駅のある津軽半島北部は過疎地帯で、地元の青森県今別町の人口は約2500人。新幹線も通過する列車が多く、停車するのは上下線とも1日各7本しかない(※20年10月現在)。

 利用者は新幹線が停まる駅とは思えないほど少なく、国土交通省の「駅別乗降客数データ」によると平成30年度の1日あたりの平均乗客数はわずか28人(※乗車のみ。降車は含まれていない)。現在、日本全国に新幹線停車駅は107駅あるが文句なしの最下位だ。

 今回、そんな奥津軽いまべつ駅を訪問したが、下車したのは筆者を含めてたった3人。改札口は1つで自動改札機は2台しかなく、駅構内には売店や飲食店が1軒たりともない。利用客がここまで少ないと商売が成立しないのは容易に想像つくが、なんともさびしい限りだ。

 駅員以外には数名の清掃のスタッフを見かける程度で人の気配は皆無。駅自体は新幹線駅らしく立派で駅前ロータリーもきちんと整備されているがタクシーは一台も待機しておらず、30分後と1時間後に確認しても0台のまま。駅なのに呼ばなければ来ないようだ。

 駅発着のバス路線は複数あったが、1日の本数が3~6本。土日祝は0本という路線もあった。また、ほぼ隣接する形でJR三厩線の津軽二股駅という別の駅もあるが、こちらは平日の上下線はいずれも1日5本と新幹線よりも少ない。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月16日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。