「ドアを開けたら女性がマッパで…」ウーバー配達員が遭遇したトンデモ注文客

 ウーバー配達員は「配送手数料」で稼ぐシステムとなっているが、客が任意で支払う「チップ」も大きな収入源だ。

「自分の場合は、都心をまわることが多く、タワーマンションの高層階だとやはり期待してしまいますよね。そういうところに住む富裕層の方は、1000円以上のチップをくれるのもザラですから。難を言えば、入り口を探すのが大変だったりエレベーターで上がるのに時間がかかるくらい。注文する品もイタリアンのサラダだったり、フォアグラ弁当だったり独特なのですが、変わった人も多いですね。忘れられないのは玄関のチャイムを鳴らしたら、マッパの女性が玄関に出てきたこと。あまりの驚きで直視できませんでしたが、年齢は30代くらい。すごい美人でスタイルも良かったですね。ぜんぜん恥ずかしがらずに『ありがとう』って品物を受け取っていました。そういう生活スタイルなのかもしれません。チップはもらえませんでしたが、逆に自分が払いたかったくらいですよ(笑)」

 驚くことに、Aさんが配達先で女性のマッパ姿を見たのは一度や二度ではないという。

「場所…言っちゃっていいかな(笑)。新宿のマンションに届けた時は、ホストっぽい男性と客らしい派手な女性がバカ騒ぎしていて、そこでも女性が肌着も何もつけない格好で恥ずかしそうに玄関まで受け取りに出てきました。他の男女はそれを後ろから見ていて、ゲラゲラ笑っていましたね。おそらく何かの罰ゲームだったのかも…と思いましたが、なんだかダシにされたようでカチンときましたよ。こっちはマジメに働いているのにって」

 他にも、40代のマダムに連絡先を聞かれたり、30代の主婦から「配達員になる方法を教えて」としつこくせがまれたり…。ウーバー配達員が体験した“艶話”は尽きない。続きはまた別の機会に…。


(平沼エコー)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク