少数精鋭のメーカーが開発!時速532キロの「世界最速量産車」の気になるお値段

少数精鋭のメーカーが開発!時速532キロの「世界最速量産車」の気になるお値段
       

少数精鋭のメーカーが開発!時速532キロの「世界最速量産車」...の画像はこちら >>

 おそらく、直線の短距離ならあのリニア新幹線に勝てるかも!?

 アメリカの自動車メーカー、SSC(シェルビー・スーパー・カーズ)の最新モデル「トゥアタラ」が10月10日、最高時速532.7キロを記録し、世界最速の量産車として認定された。

 同社は1998年に設立されたスーパーカーメーカーで、2007年に最初の量産モデルが最速の市販車としてギネス認定され、業界でも注目される会社だった。

「今回、チャレンジの舞台となったのは、米国ネバダ州ラスベガス郊外の州道160号線を一部閉鎖したエリア。運転したのは英国出身のレーシングドライバーのオリバー・ウェブで、彼は2017年にほかの車のテスト走行で時速447.2キロを記録している人物です。そして、今回は一般販売を前提とした量産車であるため、ストリートタイヤと非レース燃料を使用。つまり、あくまでも一般車として公道を走行するなかで、時速500キロ超えをたたき出したわけですからね。まさに空前絶後の快挙と言っていいでしょうね」(モータージャーナリスト)

“恐竜の生き残り”ともいわれる「ムカシトカゲ」からネーミングされた「トゥアタラ」は、5.9リッター V8ツインターボエンジンを搭載し、1750馬力という圧倒的なパワーを有するモンスターマシン。今回のチャレンジでは正確を期すため、GPS測定システムによって速度を追跡、検証のために2人の公認オブザーバーが立ち会ったというが、「時速500キロ越えの世界最速の量産車」のニュースが報じられると、SNS上では驚きと疑問の声が続出。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。