アナウンサーもAIの時代に!? 池上彰氏が解説するウィズコロナの働き方とは?

アナウンサーもAIの時代に!? 池上彰氏が解説するウィズコロナの働き方とは?
       

アナウンサーもAIの時代に!? 池上彰氏が解説するウィズコロ...の画像はこちら >>

 菅政権の看板政策「デジタル庁」創設に向けて大きな注目が集まっている。行政のデジタル化やオンラインによる診療・教育を強力に推進するのが主な目的だ。これにより、人工知能(AI)やビッグデータを活用した、デジタル社会への動きが一気に加速しそうだ。

 しかし、AIの進化は社会全体の利便性を高める一方で、人間の職が奪われるという一面もある。2013年に、AIなどの研究を行う英・オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授は論文「雇用の未来」を発表。その中に掲載されている今後10~20年で「なくなる職業」では、銀行の融資係、保険契約の審査員などが挙げられている。これまではキャリアが必要と言われた職種までAIにとって代わられるというのだ。

 すでに銀行では、融資先でのこれまでの経営実績をAIが分析すれば即座に判断できるので、融資担当行員は減らされている。事務職や単純労働といった仕事だけではない。人気職業のアナウンサーもAIに取って変わられる危険があるのだ。

 すでにラジオではAIアナウンサーが登場している。「かわさきFM」では今年の4月からAIアナウンサーが天気予報を担当し、FM和歌山ではAIアナウンサー「ナナコ」を導入して話題を呼んでいる。

 人間とAIアナウンサーとの大きな違いは、アナウンスの正確性にある。決して噛んだりしないのだ。人間であれば読み間違えをしてしまうこともあるが、AIアナウンサーなら、絶対に読み間違えることはない。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。