「ジャニーズ切りが響いた?」バレーボール協会の赤字運営に心配の声

「ジャニーズ切りが響いた?」バレーボール協会の赤字運営に心配の声

 思わず「オリンピック本番は大丈夫か!?」と聞きたくなるような衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 日本バレーボール協会が2019年度の予算額を発表し、3億9000万円の赤字計画となった。赤字の主な要因は9月に開幕するワールドカップなど国際大会の開催経費で、日本8都市で行われるものの「日本戦以外の観客動員が厳しく、開催経費を吸収できない」(八田茂専務理事)からだという。
 
「18年も4億を超える赤字。女子世界選手権が国内で開催されましたが、会場を首都圏だけでなく全国各地に分けて行い、台風など天気に恵まれなかったせいもあって期間客動員数が伸び悩みました。また、開催経費を切り詰めるために恒例のジャニーズらタレントの応援がなかったことも影響したようです」(スポーツ紙記者)

 ネット上にも《日本戦なのに客席ガラガラ》など心配の声が躍っていた。日本協会は試合会場の使用料、運営費、他国の宿泊費や移動費も負担しなくてはならず、チケット販売収入なくしては、TV放映権料だけでは賄えないのが実情だ。

 財政難はバレーボールだけではない。日本ラグビーフットボール協会の平成30年度の赤字額は1億5000万円。

 こちらは「数年前の4億円以上の赤字がひところのラグビーブームでずいぶん減った」と評価する声もあるが、今年はラグビーのワールドカップ・イヤーで、日本はホスト国。外国の代表チーム同士の試合開場を満員にできるのかが、収支のカギとなりそうだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. バレーボール 女子
  2. バレーボール 男子
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年4月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「バレーボール + 女子」のおすすめ記事

「バレーボール + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。