竹内結子のインスタに投稿される追悼コメント、故人のSNSはどうしたらいい?

竹内結子のインスタに投稿される追悼コメント、故人のSNSはどうしたらいい?
       

竹内結子のインスタに投稿される追悼コメント、故人のSNSはど...の画像はこちら >>

《今日も1日終わりました。まだどこかにいるんですよね》

《いつも結子さんの笑顔に癒されています。おやすみなさい》

《ラーメンを食べるたびに思い出します。また遭いたい》

 今年9月27日、自ら死を選んだ女優の竹内結子さん。突然の訃報に驚きの声が広がったのは記憶に新しい。あれから約2カ月が経った今も、彼女のインスタグラムには冒頭のようなコメントが投稿され続けている。

 彼女の最後の投稿は9月1日。テレビCMに出演している「サッポロ一番」のキャンペーンが始まったことを伝える投稿だ。笑顔で袋麺をアピールする写真が心にしみいる。この投稿のコメント欄を見た芸能ライターが語る。

「まるで竹内さんの追悼会のようです。ファンにしてみれば思いをぶつけられる唯一の場所なのでしょう。もちろん、今後、彼女がインスタを更新することはありませんが、このまま残してほしいという声も少なくないようです」

 故人が生前にやっていたSNSをどうしたらいいのか、これは竹内さんだけの問題ではない。一般人の我々にも起こりえる案件だ。

「故人がSNSのパスワードを明かさないまま亡くなってしまうこともよくあります。遺族に見られたくない情報があれば余計に教えないものです。そのため、SNSを削除することもできないという事態が起きました。現在はSNS運営側が対応策を用意しています」(IT系ライター)

 インスタグラムとフェイスブックは「追悼アカウント」という制度を導入。亡くなった人の家族や友人が死亡を証明できる書類をそろえて申請すると、そのアカウントは追悼アカウントに変更される。誰もログインできなくなり、「いいね」やコメントをはじめ変更が一切不可能になる。また検索しても表示されなくなるため、生前から知っている人に限り閲覧だけができる。

 ツイッターの場合はアカウントを削除することになる。故人の家族、または遺産管理人など権限のある人が申請できるしくみ。

「一般の人であれば、亡くなったことを周知する意味でも追悼アカウントにするといいでしょう。閲覧はできるので思い出として取っておくことができます」(前出・IT系ライター)

 いざ申請が必要になった時には機能が変更されている可能性もあるが、覚えておいて損はないはずだ。

当時の記事を読む

竹内結子のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「竹内結子」に関する記事

「竹内結子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「竹内結子」の記事

次に読みたい「竹内結子」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 竹内結子 Instagram
  2. 竹内結子 ドラマ
  3. 竹内結子 中村獅童

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。