カフェ店員が見たテレワーク客の迷惑行為「隣の客にビジネス用語でマウント」

カフェ店員が見たテレワーク客の迷惑行為「隣の客にビジネス用語でマウント」
       

カフェ店員が見たテレワーク客の迷惑行為「隣の客にビジネス...の画像はこちら >>

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で社会のテレワーク化が進み、最近はカフェなどで仕事をするノマドワーカーも増えた。その影響か、カフェ業界の業績もコロナ禍の落ち込みから復活しつつある。

「V字回復が報じられたのは『珈琲所コメダ珈琲店』を展開するコメダホールディングス。10月の既存店売上高は前年同月比101.6%で、緊急事態宣言下の4月の53.1%から大幅に売上を伸ばしています。復活の理由としては人出が少なくなった都心ではなく、郊外のロードサイド店が多いことが挙げられますが、1人あたりの客席スペースが大きく、コンセントやWi-Fiを無料提供することで、テレワークの需要にうまくマッチしたとの見方ができます」(経済誌記者)

 テレワーク需要を取り込む一方で、マナー違反の客も目立つようになったという。

 東京都内で個人経営のカフェを営む男性(53)は、「マナー違反の客は、基本的に自分を客観視できておらず周囲への配慮も欠けています」と指摘する。具体的な事例を見ていこう。

「まず一番の迷惑は長居するお客。コーヒーの単価を少し考えれば、店がどういう状況になるか分かるはずなのに、彼らは1杯で何時間でも居座ります。せめて1時間に1杯は頼んでほしい。もしそれが難しいのならコワーキングスペースとかに行けばいいのですが、おそらくお金をかけたくないのでしょう。そういうお客の多くは店が混んできても一向に気にする素振りも見せず、なぜか空いてきたら帰るんです。あと、勝手に店のコンセントで充電しながらパソコン作業する人もいますね。あとは、1人で来たのに4人掛けのテーブルに座ったり、混んでいるのに荷物を隣の席に置いたりとか…。また、パソコンのタイピングでわざと“ターン!”と大音量で鳴らす人も。自分に酔っているような雰囲気ですかね」


当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。