巨人二軍ヘッドに熱血漢を招聘!異例のコーチ人事に見る“阿部政権”への布石

巨人二軍ヘッドに熱血漢を招聘!異例のコーチ人事に見る“阿部政権”への布石
拡大する(全1枚)

巨人二軍ヘッドに熱血漢を招聘!異例のコーチ人事に見る“阿部政...の画像はこちら >>

 巨人が異例のコーチ人事を決めたようだ。阿部慎之助二軍監督の補佐役として、韓国球界で2球団の監督を経験した金杞泰(キム・キテ)氏を二軍ヘッドコーチとして招聘するという。2004年の山本功児氏、05年の淡口憲治氏、08年の岡崎郁氏など前例はあるが、二軍組織において、助言・参謀役となるヘッドコーチを置くことはほとんどない。まして、外国人コーチである。この異例の人事には“次期指揮官の教育”も含まれていた。

「監督とヘッドコーチは職務の質が大きく異なります。ヘッドはゲーム展開を先読みし、代打、投手継投の準備をさせます。かといって、戦略を進言するのではなく、監督がどんな作戦を選択しても困らないように準備をするのが大きな役目です」(プロ野球解説者)

 このヘッドコーチ論を阿部二軍監督の側から見ると、ヘッドコーチを始め、各担当コーチに自分がどんな戦略を執るのかを伝えておかなければならない。ヘッドコーチを置くことで「どんな野球がやりたいのか」を明確にさせる狙いがあるようだ。

「指導者1年目の阿部二軍監督は、チームのまとめ役だった現役時代の延長でした。阿部二軍監督が怒れば、ベンチに緊張感が走りますし、『やれ!』と指示されれば誰も逆らえません。これからはコーチを介した形で選手に指示を出していくことになりそう」(ベテラン記者)

 もっとも、これから阿部二軍監督の意図を汲んで動く金氏だが、巨人コーチは初めてではない。07年は育成担当、08年から2年間は二軍打撃コーチを経験している。その頃から熱血漢として知られ、そういう点では、自らバットを振るなどして打撃指導をしてきた阿部二軍監督に近いものがある。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク