竹内涼真主演「キミセカ」に大ヒットの予感!高視聴率ドラマの“法則”とは?

竹内涼真主演「キミセカ」に大ヒットの予感!高視聴率ドラマの“法則”とは?

竹内涼真主演「キミセカ」に大ヒットの予感!高視聴率ドラマ...の画像はこちら >>

 いよいよ、各局で1月期の新ドラマがスタートする。主演の綾瀬はるかが脚本家の森下佳子氏と「ぎぼむす」以来のタッグを組む「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系)をはじめ、宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演のホームドラマ「俺の家の話」(TBS系)、大倉忠義と広瀬アリスが共演するファンタジーラブストーリー「知ってるワイフ」(フジテレビ系)、香取慎吾がSNSの誹謗中傷問題に挑む捜査官を演じる「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)など、今年も話題作が目白押し。そんななか、竹内涼真扮する主人公が死と隣り合わせの終末世界を生き抜く姿を描いた「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系)が“ある理由”によって「大ヒット予報」がささやかれている。

 テレビウォッチャーが解説する。

「昨年12月に放送された『有田教授とコロナ禍の憂鬱な民』(日本テレビ系)で、大ヒットドラマには『タイトルが12文字』という共通項があると紹介されたんですが、たしかに『東京ラブストーリー』をはじめ、『渡る世間は鬼ばかり』『愛していると言ってくれ』『恋はつづくよどこまでも』といったヒット作はいずれも12文字。同番組には『君と世界が終わる日に』の番宣を兼ね、女優の飯豊まりえが出演していたんですが、本作の文字数が12文字だったことで、もろ手をあげて喜んでいました」

 なるほど、そう言われてみれば、12文字の番組にはヒット作が多いように感じるが、エンタメ雑誌の編集者は「残念ながら、そのテの話は都市伝説ですね」と苦笑いしてこう語る。


当時の記事を読む

竹内涼真のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「竹内涼真」に関する記事

「竹内涼真」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「竹内涼真」の記事

次に読みたい「竹内涼真」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月4日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 竹内涼真 Instagram
  2. 竹内涼真 サッカー
  3. 竹内涼真 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。