有名メダリストが自転車ドロボーで逮捕されていた!【ギョーテン裁判傍聴記】

有名メダリストが自転車ドロボーで逮捕されていた!【ギョーテン裁判傍聴記】
拡大する(全1枚)

有名メダリストが自転車ドロボーで逮捕されていた!【ギョーテン...の画像はこちら >>

 お笑い芸人で裁判ウォッチャーの阿曽山大噴火が2020年の記憶に残る裁判を振り返る本企画。自転車のネコババが発覚して起訴された男は、かつてアジアを熱狂させた有名メダリストだったという。注目の判決の行方は…。


 2021年はオリンピックイヤーです。本来は2020年開催が延期になった異例のオリンピックとなります。そんな中、昨年暮れの東京地裁ではオリンピックの元日本代表で、アジア大会のメダリストが自転車を持ち去ったという占有離脱物横領の裁判が行われました。

 起訴されたのは、2020年4月に東京都内のスーパーの駐輪場に停めてあった自転車を被告人が持ち去ったという内容。

 検察官の冒頭陳述によると、被告人は大学を卒業後にアマチュアスポーツの活動を経てジムを経営。しかし数年前に廃業し、職を転々としていたという。

 犯行当日は、自転車でスーパーに買い物に行って、買い物を済ませると自分の自転車がなくなっていたいう。そこで被告人は周りを見渡したところ、カギのかかっていない本件被害品の自転車を見つけ、そのまま乗って持ち去ったらしい。翌日の夕方、被告人がその自転車を無灯火で、しかも車道を逆走していた事で警察官が職務質問を実施して、犯行が発覚したとのこと。

 そして被告人質問。まずは弁護人から。

弁護人「何故やったんですか?」

被告人「買ったばかりの自転車が買い物から戻ったらなくなってて。それで近くにカギがかかってない自転車があったので」


当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク