小林よしのりが「コロナのデタラメ」を正す!洗脳を解くには…【全文掲載】

小林よしのりが「コロナのデタラメ」を正す!洗脳を解くには…【全文掲載】

小林よしのりが「コロナのデタラメ」を正す!洗脳を解くには…...の画像はこちら >>

 変異した新型コロナウイルスが各国で確認される事態を受け、政府は全世界からの外国人の新規入国を停止。そして首都圏はまたもや「緊急事態」に。必要以上に「コロナは怖い」とあおり立て、日本人を「コロナ脳」に仕立て上げた元凶に、小林よしのり氏が斬り込む。

 小林氏はかねてから、新型コロナウイルスは「弱毒」で、なおかつ「インフルエンザのように子供を殺さない」にもかかわらず、必要以上にあおり続けるメディアによって国民が強迫神経症状態に陥っている、と指摘してきた。

「わしは常々、『コロナパニック』は専門家とメディアが作り上げた『インフォデミック(社会混乱)』であると批判してきたが、中でもあまりにも悪質、卑劣なのが『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)だろう。最近は出演することが少なくなったものの、『コロナの女王』こと岡田晴恵(白鴎大学教授)と玉川徹(テレビ朝日報道局員)は、データやファクトを示さず、死者数を無視し、増え続ける感染者数ばかりをクローズアップして連日、『コロナは怖い。コロナは怖い!』とあおり続けてきた。結果、パニックに陥った一部の国民が『緊急事態宣言を早く出せ』と声を上げ、そうした世論に引っ張られる形で、政府が緊急事態宣言を出してしまった。GoToキャンペーンの休止も全て同じ流れで、これはきわめて危険だと言わざるをえない」

 確かにかつて同番組の中で岡田氏は「2週間後、東京はニューヨークのようになる。地獄になる」と断言し、玉川氏も「だからこそ、全国民が一律でPCR検査を実施すべきなんです」と主張。だが日本をはじめ、アジアでは欧米のような爆発的感染にはまだ至っておらず、またPCR検査についても日本と海外との検査法が異なること、自然免疫で死滅したウイルスが見つかっても、全て「陽性者」とカウントしていることなどから、感染者数の発表にも意味がないことは、「週刊アサヒ芸能」(1月14日号)で小林氏が説明したとおりだ。


当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。