「特等のうすのろ」声はすれども姿は見せず…金与正に「妊娠説」が流れた理由

「特等のうすのろ」声はすれども姿は見せず…金与正に「妊娠説」が流れた理由
       

「特等のうすのろ」声はすれども姿は見せず…金与正に「妊娠説...の画像はこちら >>

 新年1月5日から平壌で開催されていた朝鮮労働党第8回大会が12日に終了。金正恩氏が建国者である祖父の金日成、父親の金正日に続き、北朝鮮の絶対的存在を意味する「党総書記」のポストに就任したことで、国内では、同氏の権威がさらに高められることになった。

 一方、大会前は党指導部入りが確実と言われていた、妹・金与正氏は、幹部である政治局員候補から外れ、「党副部長」に「降格」。この驚きの人事を巡り、与正氏の動静に今、注目が集まっている。在日韓国紙記者が語る。

「与正氏が初めてメディアの前に姿を現したのは、2011年に行われた金正日総書記の葬儀でしたが、おとなしい印象を感じさせる女性でした。その後、2017年10月には政治局員候補に就任。18年には平昌冬季五輪に出席し笑顔を振りまいたことで、当時は韓国内でも柔和なメッセンジャーとして、もてはやされたものです。ところが、昨年5月、韓国の脱北者団体が不埒な合成写真を用いたビラを撒くと、その言動が一変。文在寅大統領を『吐き気がする』『ムカつく』と罵倒するなど、強硬発言を連発。6月には南北融和の象徴である南北共同連絡事務所を爆破するなど、その豹変ぶりに韓国政府も度肝を抜かれたと言われています」

 さらに、降格が決まった今年1月12日にも、韓国政府を「特等の“うすのろ”」とこき下ろす談話を発表、暴言はエスカレートするばかりだが…。

「この談話は朝鮮中央通信が13日に伝えたものですから、北の公式コメントと言っていい。つまり、与正氏はポストこそ『降格』の形はとってはいるものの、政治的な立ち位置と役割は従来通りであるということです。しかも、今年最初の談話がこの過激発言ですからね。対韓国業務に関しては強硬路線を貫いていくことは間違いないでしょうね」(前出・韓国紙記者)


当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。