ボークに不満顔の大谷翔平に「今回は謝ったほうが良い」の声が出るワケ

ボークに不満顔の大谷翔平に「今回は謝ったほうが良い」の声が出るワケ
拡大する(全1枚)

ボークに不満顔の大谷翔平に「今回は謝ったほうが良い」の声が出...の画像はこちら >>


 エンゼルス大谷翔平がダイヤモンドバックス戦に先発登板した(日本時間6月12日)。5回2失点と好投し、チームも勝利したが、大谷だけは不満顔。5イニング目に度重なるボーク判定を受け、明らかに不服そうな顔を浮かべていた。


「試合を実況していたBSテレビ局のアナウンサー、解説者、メディアがボーク判定に疑問を呈していました。大谷に同情的です」(在米ライター)


ジャッジ・ミス”といえば5月20日(現地時間)、バッターボックスの大谷がボールぎみの投球を「ストライク」とコールされ、苦笑いする場面もあった。しかし、今回はそのときと状況が違うようだ。


「失礼な言い方になりますが、前回のストライク判定は、ジャッジ・ミスのトップ3にランクインされている審判の判定でした。だから、米国中の野球ファンは『大谷が誤審劇場に巻き込まれた』と、ちょっと楽しんでいる節もありました」(前出・同)


 それに対し、今回のボークを宣告したウィル・リトル審判は違う。「名審判の一人」だそうだ。


 同日の大谷だが、まず二塁牽制を試みた際、「プレート板から足を外す前にグラブからボールを動かした」とされ、ボークを宣告。この時点で不満顔だった。気持ちを切り換えようとしたが、続けて「セットポジションでの動作制止がなかった」と、三塁塁審を務めていたリトル審判が2回目のボークを宣告したのだ。


 この2度目のボーク判定にファンや米メディアは同情していたのだが、5月20日のときとは微妙に言い回しが違う。そのときは「おかしい!」と審判批判の言動も見られたが、今回は「大谷が不服顔を見せていた。気持ちは分かる」と“心情的なコメント”に徹していた。


当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク