藤井聡太と‶天敵″豊島将之(2)藤井よりも先にAI研究を…

藤井聡太と‶天敵″豊島将之(2)藤井よりも先にAI研究を…
拡大する(全1枚)

藤井聡太と‶天敵″豊島将之(2)藤井よりも先にAI研究を…の画像はこちら >>


 藤井二冠の王位防衛の前にスクッと仁王立ちする豊島竜王は12歳年上だ。しかし、2人はかなり似た経歴の持ち主だという。


将棋を習い始めた年齢は藤井王位の5歳に対し、豊島竜王は4歳。奨励会入りも藤井王位の小学校4年生に対し、豊島竜王は3年生と先んじている。20歳で王将戦の初タイトルに挑戦すると、28歳で棋聖のタイトルを戴冠。同年に王位を獲得して二冠となった。さらに、翌19年には竜王、名人という2大タイトルを奪取。過去の『竜王・名人』は羽生九段、谷川浩司九段(59)、森内俊之九段(50)というレジェンド3人だけだったから、一気に〝豊島時代〟の到来を予感させました。また、将棋ソフトを使った〝AI将棋〟による将棋研究を棋界でもいち早く取り入れた。13年からは研究会など棋士との対人の練習対局をやめ、家にこもってパソコンに向かい、電脳相手に研鑽を重ねている」(将棋ライター)


 この2人の棋風を屋敷九段が比較する。


「お互いに居飛車党で、粘り強い長考派。また、両者ともAIソフトを駆使している点も似ています。どちらも攻め受け強打の持ち主ですが、どちらかと言えば、豊島竜王がより強い手を繰り出しているイメージです。これに対し、藤井王位はじっくり受け身になることが多い」


 これに対し、深浦九段はこう分析する。


「互いに居飛車党ではあるが、藤井王位は全ての駒をバランスよく活用していくタイプ。対して、豊島竜王は速攻タイプで、自分から主導権を握りにいく。いわば序盤戦からガンガンいくタイプ。そのため、藤井王位が対応しきれてないというところは、今までの試合でもありました」


当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク