信号機倒壊事故の原因は「犬の小水」だった!愛犬散歩コースに潜む危険とは

信号機倒壊事故の原因は「犬の小水」だった!愛犬散歩コースに潜む危険とは
拡大する(全1枚)

信号機倒壊事故の原因は「犬の小水」だった!愛犬散歩コースに潜...の画像はこちら >>


 損壊事故の原因は、なんと犬の小水だった? 


 三重県鈴鹿市の交差点で今年2月に歩行者用信号柱が倒れた事故原因をめぐり、愛犬家のマナーをめぐり大きな波紋が広がっている。


 事故を調査していた三重県警によれば、鈴鹿市桜島町の交差点にある高さ約6.5メートルの信号柱が倒れたのは、今年2月18日の未明のこと。


「通行人が同日朝、信号柱が倒れているのを見つけて通報したのですが、近くのブロック塀が損傷したものの、幸い通行人や通行車への被害はなかった。ただ、通常、信号柱の耐用年数は約50年。ところが、この信号は平成9年度に設置され、まだ23年しか経過していなかった。そこで、県警科学捜査研究所(科捜研)が調べると、倒壊した信号柱の根元付近の地面からは多量の尿素が検出され、それが同時期に設置された信号柱と比べ42倍も多かったことから、犬の小水が原因である可能性が浮上したようです」(地元紙記者)


 倒れた信号柱は住宅街に面して設置されており、付近は犬の散歩コースだったことから、県警では13日、犬の小水が繰り返し掛けられたことで、柱の根元の腐食が進んだ可能性が高いとする調査結果を公表。それがメディアで一斉に報じられることになった。


 すると、SNS上では、《ええっ、犬の散歩コースってマジ怖いじゃん!公園近くの信号は要注意だな》《小のあとにはたっぷり水をかけることは犬を飼う人間の常識。それが出来なければペットを飼う資格なし!》《全国的にも本件のような事例はたくさんあるはず。飼い主に課税して補修資金に充てるげきだな》など、愛犬家のマナーに対する問題点を指摘する声が散見。また、行政に対しては、《信号は重要な設備だからね。きちんとした定期点検を行うべき!》《鉄製支柱の下部は小水から保護するため樹脂コーティングを施すよう、新作及び改修を進めほしい。あるいは、犬にかけられても大丈夫な信号を作ってほしい》といった意見があった。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク