「酒イジメ」内閣に飲食店の怒髪天!(1)「従業員偽装」で時間外飲み

「酒イジメ」内閣に飲食店の怒髪天!(1)「従業員偽装」で時間外飲み
拡大する(全1枚)

「酒イジメ」内閣に飲食店の怒髪天!(1)「従業員偽装」で時間...の画像はこちら >>


 一体、何度繰り返せば気が済むんだっ! バカのひとつ覚えの緊急事態宣言ばかりか、今度は銀行や酒卸業者を抱き込んで、居酒屋との取引停止までを恫喝する横暴ぶり。無能な菅&西村「ノンアル内閣」の身代わりにコロナ感染の主犯格に吊るし上げられた居酒屋店が、もはやガマンならんと、怒髪天を衝くマグマを大噴火させた。


 今回の緊急事態宣言で急遽、休業を取りやめ、全面営業に踏み切った品川区の居酒屋店主は怒り心頭だ。


「金融機関を使う? 酒卸が取引停止だと! あのバカタレの顔を見るだけで腹が立つ。これまでの緊急事態宣言には従ってきたが、もう我慢ならない。今度ばかりは店を完全営業して立ち向かうしかないだろうよ。お酒ありま~す。12時までやってま~す」


 7月12日、夕方過ぎ、歌舞伎町一番街のそこかしこで居酒屋の呼び込みの声が響いている。通行中のサラリーマンや若いカップルなどは声を掛けられると足を止め、料金などを交渉している様子。その呼び込みの1人に尋ねてみると、


「緊急事態? ウチの店は換気も消毒もバッチリやってますから、問題ないっすよ」


 政府の要請など聞く耳持たず。見れば通りに面した雑居ビルには、数多くの店が開店営業を告げるネオンが赤々と灯っていた。もはや、4度目の緊急事態宣言など全く効果なしという有様なのだ。


 社会部記者が緊急事態中の夜の街の現状について説明する。


「銀座、渋谷など都内の繁華街での人出はGW前に出された3度目の緊急事態宣言よりも1~2割増加傾向が見られました。特に歌舞伎町は、昨年の〝夜の街叩き〟によってコロナ主犯として全国に悪名を広めたダメージが大きく、政府の要請など馬耳東風という店が増えています」


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク