山本由伸は3年後に米でローテ入り!? 侍ジャパン「メジャー移籍」狂騒曲【前編】

山本由伸は3年後に米でローテ入り!? 侍ジャパン「メジャー移籍」狂騒曲【前編】
拡大する(全1枚)

山本由伸は3年後に米でローテ入り!? 侍ジャパン「メジャー移...の画像はこちら >>


 侍ジャパンの金メダルで幕を閉じた東京五輪野球だが、例に漏れずMLBスカウトの調査が殺到。結果的に近い将来、好成績を残した若手を中心に、ポスティングでの「メジャー行き」が過熱しそうなのだ。


 評価ナンバーワンは、オリックスの若きエース・山本由伸(23)だ。2戦に先発して勝敗はつかずとも、11回3分の1で奪三振18、防御率は1.59と抜群の成績を残した。MLB評論家の友成那智氏もその実力を認める1人だ。


「山本は、メジャーで成功する『ハイファストボール・ロースプリット』の条件をクリアした投手です。欲を言えばもう少し体格が欲しいですが、十分活躍できると思います」


 大谷翔平(27)ばりの肉体改造が今後の課題か。MLB関係者もこれに続いて、


「球種も豊富ですし、国際試合でエース格として投げられる度胸もある。セットアッパーとして出場したプレミア12よりも明らかに成長したと感じています」


 本人も、すでに海の向こうにその目を向けていた。


「山本の後ろ盾は、少年野球チームの堺ビッグボーイズ。周囲の思惑もあって宮崎・都城高に越境入学した段階で、将来のメジャー行きは既定路線でした。同チーム出身者の筒香嘉智(29)と同じく、米大手代理人事務所『ワッサーマン』と契約しています。今回の『金メダル見本市』で文句なしの投球も披露し、遅くとも3~4年後にはメジャーでローテ入りするとみられています」(球界関係者)


 そして、その山本に先んじて海を渡りかねない、とヤキモキされているのが、西武の剛腕セットアッパー・平良海馬(21)だ。マリナーズの菊池雄星(30)と自主トレをしてきた関係で、「吸血鬼」と悪名高いスコット・ボラス氏と五輪直前に代理人契約を結んだのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク