“予言的中率9割!”の漫画が示す「8月20日富士山大噴火」の信憑性

“予言的中率9割!”の漫画が示す「8月20日富士山大噴火」の信憑性
拡大する(全1枚)

“予言的中率9割!”の漫画が示す「8月20日富士山大噴火」の...の画像はこちら >>


 8月20日に富士山噴火する…その日が刻々と迫っている——。そんな噂がいま、SNS上をザワつかせている。


 事の起こりは、1999年に刊行された『私が見た未来』(たつき諒著/朝日ソノラマ)なる漫画。同作は著者が見たという予知夢などをベースに、1994年から1998年に雑誌『ほんとにあった怖い話』と『恐怖体験』上に掲載された漫画をまとめたものだが、そのなかにフレディ・マーキュリーやダイアナ妃が早逝すること、さらには「大災害は2011年3月」と東日本大震災を予知するような記述があったことで、震災後、サブカル・マニアの間で『予言の書』として話題になっていた。そんな同著に記載された「富士山噴火」の日が、2021年8月20日とあって、再び『予言書』人気が再燃しているという。


 出版関係者が語る。


「著者の竜樹氏は、1975年に『月刊プリンセス』(秋田書店)で『郷ひろみ物語』という漫画でデビューした女性漫画家です。その後、同誌を中心に『月刊ボニータ』などで執筆し、『人形物語』をはじめ、『時の中の少女』『水色の航空書簡』『タージ・マハル廟のある町』などコミック化された作品も多数あります。そんな彼女が99年に『たつき諒』名義で発売したのが『私が見た未来』なんですが、実は竜樹氏、この作品を最後に漫画家を引退しているんです。しかも、同作の表紙に『大災害は2011年3月』と描かれていたことから、東日本大震災を予言したとされ話題となり、10万円相当の高値がつくプレミアム本として、長年入手困難な状態が続いていました」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク