巨人に電撃トレード!中田翔“ベンチ裏事件”までの「暴力本性」【前編】いきなり殴りかかって

巨人に電撃トレード!中田翔“ベンチ裏事件”までの「暴力本性」【前編】いきなり殴りかかって
拡大する(全1枚)

巨人に電撃トレード!中田翔“ベンチ裏事件”までの「暴力本性」...の画像はこちら >>


 巨人は20日、日本ハム中田翔をトレードで獲得することを発表した。まさに電撃的移籍となったが、「無期限謹慎と試合出場停止」処分中の放出には疑問の声もある。ファン、そしてチームを裏切る暴力行為を引き起こした背景には、どんな「本性」が隠されていたのか。「週刊アサヒ芸能」8月26日号の特集を、ここに全文掲載する。


 8月11日、中田翔(32)が同4日に開催されたDeNAとのエキシビションマッチの試合前、同僚選手に対し暴行を加えたことが明らかになり、球界に衝撃が走った。スポーツ紙デスクが唇を震わせる。


「侍ジャパンの活躍に水を差さないよう、五輪終了後のこのタイミングでの発表となったようです。被害を受けたのは中堅投手の井口和朋(27)。今季は新型コロナ感染での離脱期間もありましたが、現在、防御率1.76と結果を残している貴重な中継ぎです」


 DeNA関係者が明かす。


「試合中に一塁側ベンチで何か騒ぎが起きていたのは丸わかりで、気になっていたんです。その後に伝わってきた話では、中田がいきなり井口に殴りかかり、壁にガーンと背中を押し付けたところで周りの選手が止めに入る状況だったそうです」


 当然、すぐにチーム関係者の知るところとなり、同日の試合で中田は1回の第1打席でタイムリーを放ったにもかかわらず、1回終了時で途中交代を命じられたのだ。


「試合後、栗山英樹監督(60)は囲み取材で『いろいろあるな。困っちゃうな』と漏らしており、何やら意味深でしたが、発表を受けて納得しました。川村浩二球団社長(60)が処分発表会見で『本来はチームの中で懇意な2人だったと聞いている』と言っていたように、もともとの関係性は悪くなかった。中田がちょっかいをかけて、井口がいじられ役でした」(スポーツ紙デスク)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク