安倍晋三「愛子天皇誕生」断固阻止の魂胆(1)「女性・女系天皇」反対の急先鋒

安倍晋三「愛子天皇誕生」断固阻止の魂胆(1)「女性・女系天皇」反対の急先鋒
拡大する(全1枚)

安倍晋三「愛子天皇誕生」断固阻止の魂胆(1)「女性・女系天皇...の画像はこちら >>

 祝賀ムード一色の令和の幕開けと新天皇の即位だが、その一方で「皇室の危機」も叫ばれている。皇族の減少で皇位継承資格者が3人だけとなり、国民の間で「女性・女系天皇」に賛同する声も少なくない。ところが「皇室の危機」に断固とした反対派として立ちはだかるのは、他でもない安倍総理。その真意はどこにあるのか─。

 令和の誕生は5月1日、即位後の新天皇による「おことば」で幕を開けた。

「憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望いたします」

 日本列島にお祝いムードが漂う中、浮上してきたのが皇位の安定継承の問題だった。皇室典範の第一条で〈皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。〉と定めているため、代替わりの際には、皇位継承資格者が秋篠宮さま(53)、悠仁さま(12)、常陸宮さま(83)の3人となったことがクローズアップされたのだ。

 こうした状況下で、時事通信が公表した4月の世論調査では、男系男子に限られている現在の皇位継承資格を女性・女系皇族にも広げるべきか調査したところ、回答者の約7割が女性・女系天皇に賛成していることが明らかになった。

 5月4日には、人気歌手の宇多田ヒカル(36)が自身のツイッターで、

〈日本の皇室の長い歴史の中には、女性が天皇だったことが何度もある(8人、10代)と知り驚く。〉

 とつぶやき、宇多田のコメント欄でも「女性天皇」を巡る議論が巻き起こっているのだ。皇室ジャーナリストが語る。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク