ノーベル賞候補を中国の大学がスカウト、「日本の頭脳」漏洩が止まらないワケ

ノーベル賞候補を中国の大学がスカウト、「日本の頭脳」漏洩が止まらないワケ
拡大する(全1枚)

ノーベル賞候補を中国の大学がスカウト、「日本の頭脳」漏洩が止...の画像はこちら >>


光触媒」とは、光を酸化チタンに当てることで、水が酸素と水素に分解される効果のこと。この「光触媒」の反応を発見、ノーベル賞候補にも名前が挙がる藤嶋昭・東京大学特別栄誉教授と、その研究チームが中国の上海理工大で研究活動を行うことが4日、各メディアによって報道された。


光触媒は外壁の汚れ防止や、空気を清浄する機器などに実用化され、近年は新型コロナウイルスの感染力を失わせる研究でも注目を集めていました。上海理工大の発表によれば、同大では藤嶋氏のチームが中心となり、光触媒に関する研究所を新設し、研究を進めるとしていますが、藤嶋氏は日本国際賞や文化勲章を受けた、その世界では日本の頭脳と呼ばれる人物。そんな有能な科学者の中国行きに関係者の間からは大きな落胆の声が上がっています」(科学ジャーナリスト)


 ここ数年、中国で研究する日本人科学者が後を絶たない。というのも、かねてから科学技術強国を目指す中国は、海外から優秀な人材を集める「千人計画」プロジェクトが進行中で、前出のジャーナリストによれば、


「近年、日本からも中国の大学などの機関で働くようスカウトされる事例が相次いでいて、昨年に大手新聞が反対キャンペーを張り話題になりました。ただ、『千日計画』はある意味きっかけであって、問題の根っこには日本の研究費の少なさや科学者の低い待遇等、根深い問題がある。つまり、彼らも好んで千人計画に参加しているわけではなく、資金不足などから、やむなく中国に流れているというのが実情」なのだという。


当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク