この資格でナンボ稼げる?(20)成功者はなぜ険しい岳を目指すのか?「山の知識検定」

この資格でナンボ稼げる?(20)成功者はなぜ険しい岳を目指すのか?「山の知識検定」

 新緑が芽吹き、登山するには絶好のシーズンに紹介したいのが「山の知識検定(通称・ヤマケン)」。さまざまな山の名称や歴史、登山時に役に立つサバイバル術、地図の読み方、気象や植物、登山家のエピソードなど、山に関する幅広い知識が学べる検定です。

 それではさっそく例題を見てみましょう。

〈問1〉竹取物語のかぐや姫のモデルとも言われ、富士山本宮浅間大社に祀られている〝富士山の女神〟は①天探女(あめのさぐめ)、②伊邪那美(いざなみ)、③木花咲耶姫(このはなさくやひめ)、④神功皇后(じんぐうこうごう)のうちどれ?

〈問2〉山岳で太陽光を背に受けた際、正面の霧や雲に映る自分の影の周りに光の輪が現れる現象を①環天頂アーク、②ブロッケン、③外接ハロ、④モルゲンロートのうち何という?

 実際の問題は四者択一方式の他、語群選択式、記述式も出題されます。例題の答えは、〈問1〉が③、〈問2〉が②となっています。

 試験レベルは「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」があり、今年は東京、大阪、名古屋の3都市で試験が行われます。試験の難易度としては、山に関することは何でも出題されるため、範囲が広くけっこう難しいと思います。

 私の出身地、富山県といえば北アルプスに面していて、剱岳など登山愛好家に人気の山々がありますが、私にとって山は登るものではなく、見るものでした。登山といっても、小学校の遠足で立山に登った記憶くらいしかありません。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年5月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。