リアル日本沈没!? テレ朝の「硫黄島隆起」報道にゾッとする視聴者が続出!

リアル日本沈没!? テレ朝の「硫黄島隆起」報道にゾッとする視聴者が続出!
拡大する(全1枚)

リアル日本沈没!? テレ朝の「硫黄島隆起」報道にゾッとする視...の画像はこちら >>


 東京・小笠原諸島にある海底火山「福徳岡ノ場」で大規模噴火が発生したのは8月13日のこと。さらに、翌14日には「西之島」のおよそ1年ぶりの噴火が確認された。朝日新聞は空撮のため社機を飛ばし、その模様が今月17日、テレビ朝日「サンデーステーション」で放映された。ところが、この映像をめぐりネットがざわついている。


 朝日新聞社機には、専門家とともにテレビ朝日の山口豊アナウンサーが同乗。「福徳岡ノ場」上空では、8月の噴火で出来たと思われる小さな島を確認。さらに、「西之島」上空では山口アナが「火口部分から少し、噴気が上がっているようですね。少し噴気が確認できます」とレポートし、同乗する防災科学技術研究所の専門家も「変色海域がかなり周辺に広がっていますので、火山活動がまだ衰えていないということを示しているんだと思います」と、現状を解説した。


「と、そこまでは何の問題もなかったんですが、社機が硫黄島上空に移動するやいなや、山口アナが『海岸沿いに構造物のようなものが見えます。あれが沈められた船ですね。船が沈められた跡が確認できます。アメリカ軍が港を作ろうとして船を沈めた跡で……』とレポートし始めた。これらの船の残骸は米軍が島を占領した際、日本軍の船を座礁させ港に入ってこられないようにするために沈めたものともいわれますが、いずれにしろ沈船が陸上に姿を現すほど硫黄島付近の海域全体が隆起しはじめたと解釈して、恐怖をおぼえる視聴者が少なくなかったようです」(週刊誌記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク