比嘉愛未が「全部出し切った」と自賛する妖艶写真集の“実用性”やいかに?

比嘉愛未が「全部出し切った」と自賛する妖艶写真集の“実用性”やいかに?
拡大する(全1枚)

比嘉愛未が「全部出し切った」と自賛する妖艶写真集の“実用性”...の画像はこちら >>


「全部出し切った。何も悔いはない。珍しい、そんなふうに思えるのは」


 と女優の比嘉愛未が自画自賛するのは、2022年2月24日に発売する写真集「本心」だ。「大地」「海」「光」「肌」という4つのテーマを軸に、ファンがまだ知らない“ワイルドで情熱的な”比嘉の姿が収められているという。


 公式サイトでも「女優・比嘉愛未のイメージをいい意味で裏切るような一冊に——」と意味ありげに作品内容を紹介。本人も「今に不満があるわけではないけれど、そこからさらに一段ステージを上げていきたい。何かを変えていきたい」と意欲満々。6年ぶりの写真集となるだけに期待はいや増すばかりだ。


 比嘉はこれまで「Clear」(2012年)、「flap」(2016年)と2冊の写真集を発売している。レビューを見ると、「Clear」では「スタイルが良くて、かわいいです」と評価される一方、「写真集を出すには体が細すぎる。水着姿を楽しむというより逆に気の毒になった」と期待はずれだったという声も。また、胸は〝ギリBカップ〟と評されていた。


 では、「flap」はどうか。「美人さんです」と顔は高評価だが、「中途半端な見せ方」などと厳しい意見もチラホラ。水着のショットについては「前作よりも頑張っているが、時すでに遅し」などと切り捨てるレビューもあった。


 比嘉は今年、ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)では、適応障害のために降板した女優・深田恭子の代役で主演を務めた。視聴率こそ振るわなかったが、準備時間が短かったにもかかわらず熱演し、女優としての評価を高めた。また、放送中のドラマ「日本沈没−希望のひと−」(TBS系)にも、主演・小栗旬の妻役で出演。高視聴率ドラマに巧みな演技で貢献している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

比嘉愛未のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「比嘉愛未」に関する記事

「比嘉愛未」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「比嘉愛未」の記事

次に読みたい「比嘉愛未」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク