北京五輪記念! 忘れられない冬季五輪美女アスリートたち

北京五輪記念! 忘れられない冬季五輪美女アスリートたち
拡大する(全1枚)

北京五輪記念! 忘れられない冬季五輪美女アスリートたちの画像はこちら >>


 新型コロナウイルスのオミクロン株が発見されたことで予断を許さない状況だが、北京オリンピックが22年2月4日に開幕する。冬季五輪は規模こそ夏季五輪より小さいが、華やかな競技があり美女アスリートが多い。これまでに何人もの美女が国民のハートを掴んできた。


 最も心に残っている忘れられない美女アスリートといえば、フィギュアスケート浅田真央。浅田は「出れば金メダルは確実」と言われながら、年齢制限のため06年トリノ五輪には出場できなかった。その4年後にバンクーバーで初出場を果たし、期待されたのは当然金メダル。だが、結果は銀。リベンジを誓って出場したソチ五輪では6位に終わった。キュートなルックスだけでなく、悲劇のヒロインとして日本国民に記憶されている。


 笑顔で国民のハートを掴んだのは、モーグルの上村愛子。98年の長野五輪に18歳で初出場。テレビCMでお茶の間に「モーグルって知ってます?」と笑顔で語りかけ、長野五輪のヒロインになった。上村はその後、02年ソルトレイクシティ、06年トリノ、10年バンクーバー、14年ソチと5大会連続で出場したが、メダルは獲得できなかった。


「今や冬季五輪の花形競技となったカーリングも美女アスリートを多数輩出しています。いや、美女のおかけでカーリングが人気になったと言っていいでしょう。“マリリン”こと本橋麻里や、『そだねー』で有名な吉田知那美藤沢五月と美女ぞろい。吉田と藤沢は日本代表として北京五輪に出場する可能性を残しています。またあのセリフと美貌を五輪の舞台で見られるかもしれません」(スポーツ紙記者)


 発売中の「アサ芸Secret!Vol.73」では、この他にも思い出の美女アスリートを振り返ると同時に、北京五輪での活躍が期待される選手を紹介している。


【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク