友近とロバート秋山、“本人”より売れっ子の“なりきりキャラ”の稼ぎ

友近とロバート秋山、“本人”より売れっ子の“なりきりキャラ”の稼ぎ

 よしもと芸人で最近目立つのは二刀流。本業と副業ではなく、芸人の顔ともうひとつの“なりきりキャラ”を併せもつパターンだ。そのトップを走るのは友近

 ピン芸人としてライブやネタ番組に出演する一方で、女優として連ドラ、映画にも出る。そして「芸歴50年の演歌歌手・水谷千重子」という別人格を作り上げ、こちらも大きなビジネスになっている。

「水谷は今年2月から3月にかけて、明治座初座長公演を主宰、全公演のチケットを完売させました。その“お芝居ステージ”『とんち尼将軍一休ねえさん』には、俳優の田山涼成や高橋ひとみ、原田龍二YOUなどのビッグネームがズラリ。2部の“歌のステージ”では千重子ファミリーがそろい、観客も彼女の器用すぎる芸風、歌唱力に大満足だったといいます」(芸能ライター)

 幼少期から歌が大好きで、コンテストやのど自慢大会に出場しては、大人たちを驚かせてきた友近。かつての交際相手で、先輩でもあったなだぎ武と演じたアメリカンボーイ&ガールのネタ「ディランキャサリン」は好評を博したが、あくまでコントキャラに過ぎなかった。それが、“水谷”の場合はバラエティ出演、CDリリース、コンサート開催などの段階を踏むうちに、ついに明治座座長にまで上りつめた。

 千重子ファミリーの絢爛豪華さも、人気を後押しした。水谷と公私ともに親しい(という設定の)「春澪」は雨上がり決死隊宮迫博之、「八公太郎」はバッファロー吾郎A、「六条たかや」はチュートリアル徳井義実、「倉たけし」はロバート秋山竜次がキャラを演じる。全員がよしもと芸人で、人気ドラマや映画への出演経験が豊富な技巧派がそろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

友近のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヒロミ」のニュース

次に読みたい関連記事「ヒロミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タモリ」のニュース

次に読みたい関連記事「タモリ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「椿鬼奴」のニュース

次に読みたい関連記事「椿鬼奴」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。