“音痴”と酷評も!朝ドラで歌手役・二階堂ふみの微妙な歌唱力

“音痴”と酷評も!朝ドラで歌手役・二階堂ふみの微妙な歌唱力

 来年春から放送される朝の連続ドラマ「エール」(NHK)で、ヒロイン役に抜擢された女優の二階堂ふみ。見事、オーディションを勝ち抜いた二階堂だが、懸念すべき材料が出てきた。

「エール」は、主演俳優の窪田正孝演じる作曲家・古関裕而氏をモデルとしたドラマ。二階堂は、歌手でもある妻役を演じる。古関氏は夏の全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの「六甲おろし」などを作曲した、昭和を代表する作曲家の1人。古関氏の妻は幼い頃からオペラ歌手を目指しており、結婚後、音楽学校の声楽部に編入。声楽の才能は突出していたという。

 6月10日発売の「週刊ポスト」によると、二階堂は「どうしても(妻役)を演じたい」と熱望し、トップ女優でありながらオーディションにエントリー。結果、応募者2802人から見事選ばれた。一部メディアでは“出来レース”とも報じられたが、「ポスト」の取材によれば、ガチンコのオーディションだという。二階堂自身、自腹で発声練習やボーカルレッスンまで受けたといい、力の入れ具合がよくわかる。歌手でもある妻役の歌が下手では、シャレにならない。当然、オーディションでも“歌唱力”は重視されたに違いない。ところが……。

「二階堂の歌が“微妙”なんです。2017年1月2日放送のバラエティ番組『新春ぐるナイ!ゴチ新メンバー超大物2名発表SP!』(日本テレビ系)に出演した二階堂は、カラオケで『JUDY AND MARY』の『そばかす』を披露しました。難しい歌であり、決して下手ではないのですが、音程が少し外れているように聴こえました。二階堂の歌に対しては『音痴ではない』とかばっているコメントもあれば、『音痴かい(笑)』『普通に下手でしょ』『全体的にズレてる』と不評も買っていました」(テレビ誌ライター)

 2802人もの中から選ばれたヒロインなのだから、ドラマでは素晴らしい歌声を聴かせてくれるに違いない。

(石田英明)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「深夜番組」のニュース

次に読みたい関連記事「深夜番組」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。