桐生祥秀がサニブラウンと争う「9」よりも「19」の難関

桐生祥秀がサニブラウンと争う「9」よりも「19」の難関

 陸上男子短距離のサニブラウン・ハキームが、100m走の日本記録を塗り替えた。全米大学選手権で出たタイムは9秒97。サニブラウン自身、9秒台を出したのは2度目だ。

 日本の100m走といえば、初めて9秒台を出した桐生祥秀。桐生の巻き返しに期待する声も多いが、陸上関係者は「9」の争いよりも「19」に着目していた。「19」とは、200m走のことだ。

「サニブラウンは全米大学選手権の予選で、『追い風2.4メートルの参考記録』ながら、9秒96も出しています。自身初の9秒台を出したのが5月11日ですから、1カ月間で3度も9秒台を弾き出したことになります」(体育協会詰め記者)

 9秒台の高速時代突入を予感させるものの、200m走に関心が集まる理由はひとつ。サニブラウンは200mのほうこそ素質があると見られているからだ。

「サニブラウンが初めて9秒台を出したとき、陸連は『後半はまだ伸びる』という評価もありました。それで桐生の闘志に相当火が点いている」(同前)

 桐生は東京五輪に照準を合わせ、調整を続けている。しかし、悠長なことは言っていられない。200mが専門の小池祐貴が5月のゴールデングランプリ大阪の100m走で10秒04の好タイムを出し、五輪標準記録を突破したからだ。100mが得意な桐生、山縣亮太らは小池の100m走での奮闘を見て、

「100m、200mの両方で五輪代表になるつもりでいかなければ出場も危ない」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 桐生祥秀 リレー
  2. 桐生祥秀 大会
  3. 桐生祥秀 記録
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「桐生祥秀 + 記録」のおすすめ記事

「桐生祥秀 + 記録」のおすすめ記事をもっと見る

「桐生祥秀 + リレー」のおすすめ記事

「桐生祥秀 + リレー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山縣亮太」のニュース

次に読みたい関連記事「山縣亮太」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら