米ドラフトに異変「31球団目の日本」という選択肢が急浮上!

米ドラフトに異変「31球団目の日本」という選択肢が急浮上!

 カーター・スチュワート投手のソフトバンク入りは、日本の外国人選手の獲得ルートも変更させてしまいそうだ。
 
 スチュワート投手は、昨年のメジャーリーグ・ドラフト会議でアトランタ・ブレーブスから1巡目指名(全体の8番目)を受けたが、その後、右手首の故障が見つかり、球団が提示した契約金と希望額の開きが埋まらなかったため、“ドラフト浪人”となっていた。

 そして、メジャー関係者もビックリの日本行きとなったわけだが、その仕掛け人は、松坂大輔がレッドソックス入りしたときに60億円強の大型契約を勝ち取った代理人、スコット・ボラス氏である。
 
「王貞治球団会長も『立派な体格をしている』と日本デビューを楽しみにしている口ぶりでした。契約直前まで短大で投げていたわけだし、実戦デビューはそんなに遠い話ではないと思います」(スポーツ紙記者)

 登録名は「スチュワート・ジュニア」。そんな彼のNPB入りがアメリカのドラフトを変えるかもしれないというのだ。

 そもそも、スチュワートとボラス氏がブレーブスと合意できなかった理由はカネの問題に尽きる。翌年も指名対象となる短大で好投していたとはいえ、19年ドラフト時にはさらに買いたたかれる可能性もあった。
 
「ドラフト候補に代理人が付くのも米球界の特徴です。ボラス氏は過去に担当したドラフト候補をいったん米独立リーグ入りさせ、『独立リーガーもプロだ。指名リストから外せ』と迫り、自由競争による破格の契約金を勝ち取ったこともありました」(在米記者)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。