飲み代も払わないドケチ!?宮迫博之「100万円ギャラ報道」に納得の声

飲み代も払わないドケチ!?宮迫博之「100万円ギャラ報道」に納得の声

 雨上がり決死隊宮迫博之らがノーギャラだったと主張する、吉本興業芸人による“闇営業”問題。しかし、6月18日発売の「フラッシュ」が、総額で300万円のギャラが支払われていたと報道した。

 闇営業を暴いたのは、6月7日発売の「フライデー」。2014年12月に行われた詐欺グループの忘年会に、カラテカ・入江慎也が事務所を通さず、宮迫やロンドンブーツ1号2号田村亮らの芸人を仲介。入江は事務所と契約を解消されたが、宮迫らは詐欺グループとは知らず、ギャラも受け取っていないと弁解して、厳重注意処分となっていた。

 ところが、「フラッシュ」は詐欺グループの“金庫番”を務めていたというA氏と接触。A氏によると、入江が提示したギャラは300万円。内訳は宮迫が100万円、入江が10%の30万円、残りはほかの芸人で分けると入江が説明したようだ。

 一貫して「ノーギャラ」を主張してきた宮迫だが、真偽のほどはともかく、旗色が悪くなってきたのは確かだ。しかし、そもそもノーギャラで仕事を受けるほど、宮迫は気前がいいのだろうか。

「いや、ケチです。16年7月17日放送のバラエティ番組行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した俳優の玉山鉄二から、宮迫が飲み代を払わないことを暴露されています。飲みに行く度に宮迫は途中で眠り、お会計は玉山持ち。しかも飲食代金のほか、宮迫のタクシー代まで玉山が負担し、これまでの総額は数十万円に及んでいるようでした。年下の玉山に飲み代・タクシー代を払わせる宮迫が、とてもノーギャラで仕事を受けるとは考えにくいですね」(芸能記者)

 ギャラ100万円を受け取っていないにしても、玉山には支払ってほしいものだ。

石田英明)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「田村亮」のニュース

次に読みたい関連記事「田村亮」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュース

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。