八村塁のNBAドラフト指名で日本人が抱く疑問「1巡目って何?」

八村塁のNBAドラフト指名で日本人が抱く疑問「1巡目って何?」

 バスケットボール日本代表で、米ゴンザガ大学3年生の八村塁が、日本バスケ界で史上初の快挙を達成だ。

 6月20日(現地時間)に開催された米プロバスケットボールNBA」のドラフトにて、ワシントン・ウィザーズから1巡目で全体9位指名を受けたもの。日本人選手の1巡指名は史上最高位となり、ドラフト指名からの入団は初めてのこととなる。

 ゴンザガ大学男子バスケットボール部の公式サイトではさっそく、八村が同大出身者としては史上8人目のドラフト1巡指名になったとのニュースを掲載。日本スポーツ界全体にとっても嬉しい報せとなったが、今回のドラフトで多くの日本人にはピンと来ない部分もあるという。アメリカンスポーツ事情に詳しいスポーツライターが指摘する。

「各メディアは一斉に『八村が1巡目9位で指名』と報じました。この“1巡目”というのが日本人にとっては聞きなれず、しかも9位指名だというのですから《ドラフト1位指名じゃないの?》との疑問を抱く人が少なくないのです。日本でドラフトと言えばプロ野球がおなじみですが、プロ野球では12球団それぞれに1位指名選手がいるもの。そのため八村のドラフト順位がどれくらいの価値があるのか、いまいち伝わりきってないのが実情ですね」

 この1巡目は英語だと「ファースト・ラウンド」と呼ばれ、日本プロ野球のドラフト1位選手はアメリカだと「1巡指名選手」(ファースト・ラウンダー)に相当する。実際にはプロ野球のドラフトでも01年以降は1巡目、2巡目といった表現を採用しているのだが、一般には浸透しておらず、スポーツ報道では今でも1巡指名の意味で「ドラフト1位」という用語を使っているのが実情だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。