巨人・高卒育成ルーキーが二軍で打ちまくるも支配下登録見送りでファン激怒!?

巨人・高卒育成ルーキーが二軍で打ちまくるも支配下登録見送りでファン激怒!?

 セ・パ交流戦優勝を逃した巨人だが、今度は支配下登録を巡ってファンのブーイングが聞こえてきそうだ。

 巨人は、2016年の育成ドラフト2巡目指名で、入団3年目の加藤脩平(磐田東)を9日に年俸420万円で支配下登録、13日には一軍登録した。加藤は支配下を勝ち取る直前の2軍戦で、日ハム・吉田輝星から適時打を放っており、その勝負強さに大きな期待が寄せられている。

 しかし、若手育成の場、ジャイアンツ球場に通う熱心な巨人ファンの間では「あと一人、忘れていないか?」の声も囁かれている。昨年の育成ドラフト1位の山下航汰のことである。
 
 山下は健大高崎高出身の外野手。右投左打のスラッガーで、高校通算75本塁打。高校時代は1年途中から4番を任されたが、2、3年生夏の甲子園出場を逃したため、全国的知名度では今ひとつだった。それで育成ドラフトでの指名となったようだが、高卒1年目ながら、早くも結果を出している。

「頭に死球を受け大事を取ったこともあり、規定打席数が足りなくなりましたが、イースタインリーグで首位打者争いを繰り広げています。対戦チームの首脳陣も『一発もあって、走れる篠塚(和典)という感じ』と高く評価しています」(在京球団職員)

 機動力野球の健大高崎で学んだだけあってスピードもある。そんな超有望な選手をなぜ支配下登録しなかったのかと、熱心な巨人ファンは不満を貯めているというのだ。

「70人まで登録できる支配下選手数は、加藤を加えても65人。新助っ人のルビー・デラロサの獲得も発表されましたが、まだ『空き』があります。ただ、巨人はこれまでも“一軍で使える”と判断しなければ、支配下登録しなかった。この方針は育成制度が始まった当初から変わりません。松本哲也、山口鉄也も高いハードルを課せられ、それを乗り越えて一軍出場まで漕ぎつけたのです」(球界関係者)

 水面下で複数トレードも噂されている。その関係で支配下枠を残したいのかものかもしれない。いずれにせよ、二軍で打ちまくる山下を早々に登録しなければ、巨人ファンからの「三軍やめろコール」も起こりそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。