この資格でナンボ稼げる?(24)好成績で1年分をゲット「チョコレート検定」

この資格でナンボ稼げる?(24)好成績で1年分をゲット「チョコレート検定」

 仕事中に疲れやストレスを感じるたびに、デスクでひとかじりする方も多いのではないでしょうか。元気が出るお菓子といえば、やはりチョコレート。

 私も資格の勉強の合間に、大好物のチョコレートをよく食べています。

 今回ご紹介する検定は「チョコレート検定」。お菓子メーカーの明治が主催し、チョコの歴史、製造法など幅広い知識が学べる検定です。

 年に一度開催されるこの検定は今年で第3回目を迎えますが、過去2回で延べ9000人が受験するほどの人気検定となっています。

 それでは、実際に例題を見てみましょう。

〈問1〉日本チョコレート・ココア協会が発表している、一人当たりのチョコ消費量(2015年度)が世界で最も多い国は①日本、②ベルギー、③フィンランド、④ドイツのうちどれ?

〈問2〉慶長遣欧使節団の一員として海外に渡り、日本人で初めてチョコを食べたとされる人物は①福沢諭吉、②支倉常長、③高山右近、④杉田玄白のうち誰?

 試験レベルは初級・中級・上級に分かれており、実際の問題はマークシート形式、上級のみ「テイスティング問題」も出題されます。例題の答えは〈問1〉が④、〈問2〉が②となっています。

 私は過去にあった「中上級」の試験で合格していますが、これがなかなか難しかったため、今年から新設された上級もかなりの難易度が予想されます。

 ちなみに9月に行われる検定試験では、各級の成績上位5名(計15名)の方はチョコレート1年分(360個)がもらえるそうです。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。