“闇営業”芸人11人の謹慎処分で浮上 「詐欺グループだと知っていた」疑惑

“闇営業”芸人11人の謹慎処分で浮上 「詐欺グループだと知っていた」疑惑

 カラテカ・入江慎也の仲介による大規模詐欺グループの“闇営業”に参加した問題について6月24日、吉本興業から新たな処分が発表された。

 これまで“厳重注意”だった雨上がり決死隊宮迫博之ロンドンブーツ1号2号田村亮レイザーラモンHG、ガリットチュウ・福島善成、くまだまさしムーディ勝山、天津・木村卓寛ら11人に対し、当面の間の“謹慎処分”が科された。

 その理由は、これまで受け取っていないとしていた金銭について授受した事実があったと同社が判断したからだという。これで、詐欺グループのパーティーに参加した芸人の今後のスケジュールはすべて白紙となる

 だが、芸能ジャーナリストは「この処分では終わらない可能性がある」と見る。

「金銭の授受はなかったという当初のウソがばれて、今回の処分となったわけですが、今後“反社会的勢力とは知らなかった”という証言が偽りだったという可能性もありますからね。真っ当な会社やグループへの“直営業”だったら、所属事務所と話し合って『ごめんなさい』で済むこと。けれども、今回は相手の素性がわかっていたから、ウソを重ねるしかなかったのではないでしょうか。この先、詐欺グループと認知していたという証言や証拠が出てきたら、もう釈明のしようもない」

 謹慎処分とはなったものの、この一件の闇はまだまだ深そうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岡村隆史」のニュース

次に読みたい関連記事「岡村隆史」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハリセンボン」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリセンボン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。