「老後資金2000万円」貯めるちょっとグレーな蓄財術(2)副業でガッツリ稼ぐ

「老後資金2000万円」貯めるちょっとグレーな蓄財術(2)副業でガッツリ稼ぐ

 政府をアテにできない庶民は、どうすればいいのか。やってくる老後のため、2000万円を蓄財する方法を考えなくてはならない。

 先の報告書によれば、バリバリ働ける「現役期」は、

〈将来に向けて少額からでも長期・積立・分散投資による資産形成を行なう〉

 で、「リタイア期」に近づいたら、保有資産と収入・支出を再確認して、勤め人なら退職金の運用を行いつつ、まだ働けるなら働いて収入を確保。いよいよ「高齢期」で資産を取り崩していくが、心身の衰えもあるので資産管理をシンプルに‥‥。言うのは簡単だが、本当に実行できるのか。経済ジャーナリストの松田一雄氏はこう答える。

「運用や投資で資産を増やすことはできても、それには時間がかかるし、原資もそれなりに必要です。例えば、40代から毎月5万円の積み立て投資をしようとしても、普通の家庭ではそれほどの余裕がない」

 今年3月にSMBCコンシューマーファイナンスが発表した「30代・40代の金銭感覚についての意識調査」では、「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が23.1%。「1万円~50万円」が24.6%だった。つまり約半数は、投資するにも元手がないのだ。

 手っとり早く種銭を作るためには、本業以外に副業を持つしかない。そこで、 アサ芸が目をつけたのは、好きな時間に自由に働けるとして注目されている宅配サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。家庭やオフィスに飲食店の料理を届ける仕事で、16年に米国から上陸。都市部では派手な緑色の大きなバッグを背負って自転車に乗る配達員を見たことがあるだろう。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年6月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。