「ATMストップ」で週末破産も!?今こそ知っておきたい銀行の変化

「ATMストップ」で週末破産も!?今こそ知っておきたい銀行の変化

 2月9日の0時から12日の8時まで、みずほ銀行のATMがまたしてもストップする。先月の12~14日、成人式を含めたよりによっての3連休に休止した時には、「この週末、300円で過ごさねえといけねえ…」と“週末破産”というべき状況に追い込まれた人も少なくなかったのではないか。昨年6月から行われている新システムへの移行に伴うATMストップは、7月にもう1回行われてやっと終了する。

 現在はネット銀行が24時間365日取引可能だったり、提携先のコンビニATMで手数料が優遇されているなど、以前の銀行ではないサービスが存在し、普段から“少しでもお得な”銀行選び&利用をしている人はそのメリットを享受している。銀行をお金の“預け先”くらいにしか考えていない人は、そういった機会メリットを逃していることになる。

 例えば、昨年10月から始まった「モアタイムシステム」という制度はどのくらい知られているのだろう。全国銀行協会全銀協)は10月9日から、24時間いつでも他行口座にお金を即時に振り込める新システムを稼働させた。銀行の口座振り込みシステムは、1973年に稼働させたシステムで運用されているが、土日祝日の振込処理に対応していないなど問題があった。だから、これを解消しようと、システムを改めたのだ。

 そしてそれが昨年10月から始まったのだが、そもそもがこのことを知っている人がそんなにいるとは思えないし、ましてや、システムをイジっている最中のみずほ銀行はこれに対応していないし、地銀、第二地銀の全てが対応しているわけではない。自分が使っている銀行が対応していても、取引の相手先が使っている銀行が対応していないのでは、無用の長物なのだ。逆もまたしかり。だから現在は、結局はどんな銀行に口座を持っているかで、知らないうちに「損して」いることになる。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年2月6日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。