平幕の伏兵「朝乃山と炎鵬」が名古屋場所をかき回す(1)白鵬を本気にさせた

平幕の伏兵「朝乃山と炎鵬」が名古屋場所をかき回す(1)白鵬を本気にさせた

 7月7日の七夕に初日を迎えた大相撲名古屋場所。大関・貴景勝の休場は残念だが、令和初の賜杯を手にした平幕の朝乃山(25)と幕内最軽量の炎鵬(24)に熱い声援が飛び交う。がっぷり相撲とスピード&切れ味勝負とタイプは違えど、玄人ファンから相撲女子までもうならせている。

 五月場所の朝乃山の快進撃は記憶に新しい。西の前頭8枚目ながら12勝3敗で初優勝。三役経験のない平幕力士に限れば58年ぶり、富山県出身力士では103年ぶりの快挙だった。相撲ジャーナリストの荒井太郎氏が話す。

「朝乃山は横綱白鵬と同じく本格的な四つ相撲を取ります。身長187センチ、体重177キロという、大横綱を彷彿させる体格で早くから期待を集めていました」

 ただ、昨年の九月場所と今年の三月場所では、7勝3敗からまさかの5連敗で負け越すなど、精神的なもろさが指摘されていたが、

「五月場所は終盤でも崩れることなく、豪栄道や栃ノ心といった三役を相手にいい相撲を取って初優勝。これで自信を持ち、それが精神面でプラスに働けばいっそう充実してくるでしょう」(荒井氏)

 先場所では阿武咲、玉鷲、御嶽海の3力士に敗れ、押し相撲に弱い面をのぞかせたが、対策は十分だ。スポーツ紙相撲担当記者が解説する。

「相撲の名門・近畿大学出身だけにほぼ完成形で、ここからは得意の右四つをどう磨き上げていくか‥‥。その表れのひとつが、学生時代から憧れの白鵬のもとへの出稽古。7月1日の三番稽古(何番も続けて行う稽古)ではいきなり左上手を引いて寄り切り。白鵬が『お~っ』と声を出し、ニヤリとしたからね。結局、8連敗を含む2勝9敗だったが、白鵬を本気モードにさせ、『久しぶりに重い、強い、勢いのある、いちばん脂の乗った力士と稽古できた。気持ちいい』と絶賛させた」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 白鵬 twitter
  2. 白鵬 モンゴル
  3. 白鵬 女子
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年7月12日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「白鵬 + 引退」のおすすめ記事

「白鵬 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「白鵬 + モンゴル」のおすすめ記事

「白鵬 + モンゴル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「稀勢の里」のニュース

次に読みたい関連記事「稀勢の里」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。