大船渡高校・佐々木朗希投手の「決勝戦登板回避」で地元は侃々諤々

大船渡高校・佐々木朗希投手の「決勝戦登板回避」で地元は侃々諤々

 徹夜で並んだファンも「ウソでしょ?」、テレビの前に陣取った地元の応援団やお爺ちゃんお婆ちゃんも「えっ?」「あらま」と声を失ったという。

 各地で行われている、夏の高校野球選手権の地方大会。その中でも圧倒的に注目を浴びていたのが、岩手が生んだ新怪物、最速163キロの大船渡高校・佐々木朗希投手だ。そんな彼を一目見ようと期待したファンだけでなく、プロ野球関係者やメジャー関係者まで集まった花巻東との決勝戦のマウンドに彼の姿はなかった。

 それどころか打の主軸として4番バッターとしての名前すら、ボードになかった。結果的には12-2で花巻東の圧勝。試合後は日本中で佐々木投手が投げなかったことが物議を醸している。
 
「当然でしょうね。相手は佐々木クンが投げても勝てるかどうかわからない強力打線。しかし、佐々木クンが投げないと好勝負に持ち込めないことは選手も地元の人たちもわかっていたはず。だからこそ失望の声がすごい。この登板回避を野球関係者のOB、たとえば長嶋一茂氏などは『個を尊重した監督の英断』と評価してますし、プロ野球ファンも『佐々木クンの将来を考えた監督は偉い』『ほかのチームメートも納得してると聞いて安心した』『プロになったら地元に恩返ししてほしい』と擁護している。だが一方で、地元では批判も多いようです。岩手県には花巻東をはじめ、盛岡大附という甲子園の常連校がいくつもあります。そんな中で、大船渡高校が甲子園に出られる二度とないチャンスかもしれない。大事な決勝戦を回避するぐらいなら、もっと早い段階で休ませればよかったという声もあります。佐々木クンだけの将来を考える雰囲気に『これが高校野球なの?』と落胆を隠せない地元の人たち、『みんな頑張った』『一度でいいから甲子園で応援したかった』と声を絞り出すのが精一杯といった人が多いようです」(スポーツライター)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年7月26日のスポーツ総合記事
「大船渡高校・佐々木朗希投手の「決勝戦登板回避」で地元は侃々諤々」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    行ける所まで行かしてやりたい、でも選手も守りたい、当たり前の事だろ!文句言ってる奴はトトカルチョでもやってたんじゃないかな、違法行為だぞ!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら