加藤浩次のやり方では失敗必至!?吉本流エージェント制度の危うさ

加藤浩次のやり方では失敗必至!?吉本流エージェント制度の危うさ

 所属する吉本興業の幹部に対して反旗を翻した加藤浩次が、会社に飲んでもらったというエージェント契約について語った。8月10日放送のラジオ番組「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」(MBSラジオ)にて、妻で元タレントの香織さんにスケジュール管理を任せる可能性に言及したもの。

 その“エージェント契約”は、加藤自身が吉本に対して提案した制度。吉本側は8月8日に同制度の導入を発表しており、同社が設置した「経営アドバイザリー委員会」の座長を務める川上和久氏は、「これまで日本の芸能プロダクションの慣行としてなかったもの」とエージェント契約について説明。MLBなども取り入れている制度だと語っていた。だがアメリカのプロスポーツ事情に詳しいスポーツライターは、吉本流のエージェント契約に対してこう首をひねる。

「吉本側の説明によると、会社(吉本)は仕事の獲得や契約交渉を主に行い、タレント本人のマネジメントはタレント自身が行うとのこと。加藤本人も『僕は吉本というエージェントを通して、吉本の仕事をする。他の仕事は他のエージェントを通してやる』と語っていました。ですがこの形は、アメリカ型のエージェント契約とは明らかに異なります。アメリカ型ではスポーツ選手やタレントがマネジメントを専門に手掛ける“代理人”と契約し、自らのマネジメントを一任。仕事の交渉やスケジュール管理などのすべては代理人が担当します。その点で吉本流のマネジメント契約は、スケジュール管理や反社チェックといった重要な部分をタレント本人に背負わせており、これでは単に吉本側の負担が減るだけ。タレント側にさほどのメリットがあるとは思えません」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 加藤浩次 スッキリ
加藤浩次のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年8月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「加藤浩次 + スッキリ」のおすすめ記事

「加藤浩次 + スッキリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「坂上忍」のニュース

次に読みたい関連記事「坂上忍」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。