甲子園の「ラッキーゾーン復活」を阻む意外な反対勢力

甲子園の「ラッキーゾーン復活」を阻む意外な反対勢力

 甲子園球場に懐かしい光景が蘇るかもしれない。ラッキーゾーンが20数年ぶりに復活しそうなのだ。
 
 ラッキーゾーンの復活計画は、ここ数年、阪神経営陣が検討を重ねてきた。ホームランが出ると観客が盛り上がるのは、今も昔も変わらない。楽天、ソフトバンク、ロッテも、本拠地球場の外野フェンスを前に出し、そこにテラス席を設けるなどして、ホームランの出やすい環境に変えてきた。阪神がラッキーゾーン復活を真剣に検討するのも、時代の流れかもしれない。

「タイガースは近年、打線の低迷が指摘されてきました。今季も長打不足に泣かされています。チーム総本塁打数89は、リーグ5位。首位巨人が167本なので、阪神は巨人の半分ほどしか打っていない計算です(9月15日時点)」(スポーツ紙記者)

 改めてだが、1991年までの甲子園球場は右中間、左中間の外野フェンス前に金網が設けられていた。そのエリアはブルペンとして使われた。スタンドに届かなくてもホームランになることから「ラッキーゾーン」と呼ばれ、甲子園の名物になっていた。その後、野球界全体が打高投低となりラッキーゾーンは撤廃されたが、長打の出にくい低反発の統一球が導入されて以降は、各球団とも球場を狭くする傾向にある。

 しかし、阪神のラッキーゾーン復活については、身内である一部OBから反対の声も出ているという。

「かつて、阪神の四番打者・田淵幸一氏に本塁打王のタイトルを獲らせるため、オフの間にちゃっかり、ラッキーゾーンを前に出す改修工事を行いました。だから、ラッキーゾーンに後ろめたい思いのある関係者もいるのです」(球団関係者)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年9月19日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら