0円タクシーも出現!「配車アプリ」が収集する乗車データの利用法とは?

0円タクシーも出現!「配車アプリ」が収集する乗車データの利用法とは?

 駅の乗り場で行列待ち、路上で手を上げるもぜんぜん通りかからず……。

 そんなよくあるタクシー待ちの光景も、特に若い世代にとっては過去のものとなりつつあるようだ。ある民間会社の調べでは、今年に入り首都圏在住20~40代の若い世代で、スマホのタクシーの配車アプリ利用率が3割を超え、4年前に比べて倍となったという。

 これだけ利用が進んだのも、配車アプリという「IT化」の競争が激化しているからだ。目下、市場は、日本交通の「Japan Taxi」(全国)、DeNAの「MOV」、米ウーバー・テクノロジーズの「Uber」、ソフトバンクと中国系企業の「DiDi」、ソニーが出資する「S.RIDE」の5強がひしめきあい、しのぎを削る状況にあるのだ。

「もともとは日本交通のJapan Taxiのように業界内で自然発生的に始まったサービスだったんですが、2017年を境にIT業界からの参入が相次ぎました。DeNAが神奈川県タクシー協会と組んで2018年には東京にも進出しました。米ウーバーもライドシェアから配車アプリにサービスの中身を変えて兵庫県からスタートし、ソフトバンクのDiDiは大阪から、19年に入ってソニー出資のS.RIDEが東京エリアに絞ってサービスを開始と、18年を境に競争が激化したんです」(経済ジャーナリスト)

 とはいえ、競争は始まったばかり。各社・各サービスによって利点は異なる。

「Japan Taxiの強みはなんといっても日本全国をカバーしていること。また唯一『配車予約』ができます。MOVは今のところ神奈川と東京、大阪、京都で使えます。タクシー会社を選べるところが利点でしょうか。DiDiは大阪、東京、成田空港、京都、兵庫とエリアを拡大しています。東京都内であれば、送迎料金が無料というのは魅力です」(同前)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年9月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら