もっと稼いで!?田中将大の「ヤンキース残留」に意外な援軍が登場

もっと稼いで!?田中将大の「ヤンキース残留」に意外な援軍が登場

 地区優勝を決め、ポストシーズンに備えるヤンキース・田中将大に“意外な援軍”が現れた。

「田中は今年が7年契約の6年目。メジャーリーグでは満了前に新たな契約を交わすのが通例なので、今年は実質最終年みたいなものでした」(特派記者)

 田中は2014年、「7年1億5400万ドル(約160億円)」の大型契約でヤンキース入り。田中はヤンキース残留を望んでおり、今季は「15勝以上、200イニング強」の目標を立てていた。しかし、11勝8敗、投球回数も179イニングにとどまり、防御率も4点台と振るわなかった。好不調の激しいシーズンだったと言っていい。

「メジャーリーグは今季からボールの質感が少し変わりました。新しいボールにしっくりこない時期があり、どうも変化球の軌道がイメージ通りにいかず苦しんでいたようです」(同前)

 田中サイドはすでにヤンキースと再契約に関する“意見交換”を始めている。「5年の長期契約」が田中サイドの希望だが、ヤンキースは「ちょっと長すぎる」という反応だそうだ。

 来季前半には再契約したいとしており、田中とすれば、ポストシーズンで強いインパクトを残しておきたいところだろう。そんな田中に「ニューヨーク残留」を強く願う後方支援者が現れた。なんと地元自治体だという。
 
「ヤンキースの本拠地がニューヨークであることは言うまでもありませんが、実は地元に住んでいる選手はあまりいません。田中は数少ない“ニューヨーク市民”なのです」(同前)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。