福島原発、台風19号で「汚染物質大量流出」の深刻現場(2)15年にも「流出騒動」の前例が

福島原発、台風19号で「汚染物質大量流出」の深刻現場(2)15年にも「流出騒動」の前例が

 だが、こうした行政の姿勢に疑問を呈するのが、原発問題の取材を続けているジャーナリストの木野龍逸氏である。

「人体には影響のない数値が出たのは事実でしょう。放射能というのは一度、空気中や水中に出ると希釈されるもので、当然、除染廃棄物内の濃度よりも薄まります。ですが、人体に影響のない数値でも、未来永劫、健康に害がない保証はありません。福島原発の事故当時に民主党幹事長だった枝野幸男さん(現・立憲民主党代表)も『ただちに人体に影響はない』とコメントしていましたが、即刻、影響が目に見えるものじゃないですからね。すぐさま、実態の究明と対策に乗り出してもらいたい」

 実際、環境省は「周辺の空間線量の値には影響はみられない」と放射能による汚染はみられないとの見解を示しているが、はたして自治体による「台風対策」は十分だったのか。田村市生活環境課原子力災害対策室の渡辺庄二室長に確認すると、今回の台風の勢力が想定外だったと証言する。

「環境省からは県を通じて大型台風接近に対して警戒態勢を取るように指示が出ていましたが、具体的な方策については各自治体に委ねられていました。田村市では地域巡回を徹底して流出に備えていました。ですが、想定外の雨量だったために除染廃棄物の袋の流出を防ぐことはできませんでした」

 さらにはズサンともいえるフレコンバッグの管理実態についても指摘すると、意外な回答が返ってきた。

「田村市は18年に生活圏の除染を完了させていて、仮置き場に置かれた袋を中間貯蔵施設に運搬する段階でした。通常、雨風による流出を防ぐために袋の上にシートを養生するものなのですが、運搬に向けてほとんどが養生されていないムキ出しの状態でした。再び、シートで養生しようにも1日2日で終わる作業ではないため、結果として野外に放置する状態となりました。流出が確認された地点の空間線量や水線量を測定し、人体に影響のない数値だったと確認しています」


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。