「プレミア12」スーパーラウンドでも寂しすぎる観客動員

「プレミア12」スーパーラウンドでも寂しすぎる観客動員

 野球ファンなら「日本の快進撃でめっちゃ盛り上がってる!」と望みたい、野球国際試合の「プレミア12」。だが、実情は台湾開催での台湾戦以外、スタジアムはガラガラ。韓国ラウンドは自国の韓国戦でも観衆5000人程度で、そのほかは全て2000~3000人という殺風景なスタンドが目につくばかり。冬のスポーツ真っ盛りの米国でもほとんど報道されず、世界から注目されない大会になってしまっている。

「予選ラウンドが終わって、スーパーラウンドに突入。名前だけ聞くと勢いがありますが、11日にナイターで行われた待望の国内試合『日本×オーストラリア』も観衆は約1万7000人とスーパーな感じはありませんでした。でも、寒くなった時期のZOZOマリンの平日ナイターと考えたらまあまあ入ったというのが印象。でも、この大会が盛り上がらない大きな理由は日本戦以外をほぼ誰もが見ていないことに尽きます。同時刻に行われた東京ドームのナイトゲーム『韓国×米国』は日本代表の対戦相手として要注目のカードのはずなのに、都心のナイターにもかかわらず観衆はたったの3012人。先ごろのラグビーワールドカップでいえば、日本代表の対戦相手となるチーム同士の試合はどこも満杯でかなり盛り上がりました。あの4年に一度の祭典と比べるのは酷でも、それにしても残念すぎる注目度の低さ。12日、昼間の東京ドームで行われた『オーストラリア×メキシコ』の観客動員2089人は平日昼間だから仕方ないとはいえ、無観客試合かと思いましたよ。夜の『日本×アメリカ』戦はそれなりに埋まると思いますが、アメリカのメンバーはマイナー選手ばかりですし、ライバルの韓国でも本国はまったく盛り上がってない。日本だけが無理やり『世界一』とこじつけているような印象さえあります」(週刊誌ライター)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年11月12日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。